今回は、子供ではなくて私、大人の習い事です。しかも半年前のお話…

日本に帰任したお友達から頂いたミシンを活用すべく、手始めに「洋裁教室 ナインビー」で、トートバッグを作ってきました。
中学生以来のミシンだったので、まっすぐ縫えるのか心配だったのですが、先生のご指導のもと、なんとかなりました。

お友達に誘われて…

実を言うと、トートバッグ作りにそこまで興味がなかったのですが、家のミシンをなんとかしないとなー。と、考えているときに、
ちょうどお友達に誘われて、よし!やってみよう!と、参加することにしたのです。
こちらでは、移動ポケットと香港タクシー柄のトートバッグの作り方を教えてくれるクラスがあって、トートバッグの方にしました。

日本の小学校や日本人小学校では、移動ポケットっていうのが一般的だというのを、ここで初めて知りました。
そういえば、ハンカチティッシュは必須アイテムだったよなー。
香港は、たいていのトイレはペーパータオルが置いてあるので、忘れちゃうんですけど、日本帰るとヤバい、タオルも持ってない恥ずかしい人となります。

私とお友達のほかに、もう一人、移動ポケット作りで参加していた方がいました。
初対面の人と話すの苦手という場合は、3人グループとか気心知れたお友達同士で申し込むのがいいのかもしれません。
私は、丸テーブルを三人で囲み、ミシンカタカタっていうのが楽しかったし、何よりも(?)そのもう一人の方の話が、自分とは全く違った生い立ちで、面白かったです。

肝心のトートバッグは?

洋裁というか、そういうのは、大人になってから初めて(!?)だったので、布の裁断とか、マチ針の刺し方からわからない状態。
ミシンも、縫える段階までしてくれていたからできたけど、糸をかけるところから始めたら、縫うところまでたどり着かなかったと思います^^;

まっすぐ縫うのは楽しくて、いつまでもやってたい!って感じだったけど、裏地をつけて、ポケットつけて、で、最後にひっくり返す…
っていうのが、はい。はい。って返事してたけど、頭の中で全然想像&理解できなくて、でも言われるがままにやったらできました(^O^)

お菓子教室もそうだけど、一回習いに行ったからって、習得できたわけじゃないんですよねー。
やっぱり復習が大切!
と、言いつつ、半年たった今まだやってません…
でも一緒に行ったお友達は、サイズを変えたりしていくつも作ってました!スゴイ!

黒い生地に(グレーも選べます)、控えめについてる香港タクシーのアップリケがカワイイ。
このアップリケ、先生が一つ一つ手縫いで縫い付けてくれていること、知りませんでした!

香港タクシー柄トートバッグ作りに参加した感想

楽しかった!
アイシングクッキーや他の習い事でもそうだけど、非日常のことに集中する時間って大切。
それだけでリフレッシュできますね。
私は黒い生地を選んだけど、お友達はグレーにしていて、でも縫い糸はどちらも黒だったので、
持ち手の部分を縫う時に、ちょっとガタガタしちゃうと、気になるかもなーと思いましたw
でもそれも味かな、手作りの醍醐味?


こんな感じでガタガタな部分もあり…


持ち手のところ、黒なので目立たないけど、両端をまっすぐ縫わないといけないので、ちょっと緊張。

ミシンを持参することもできるんですけど、私の家からは遠いので、諦めました・・・
でも、中学以来のミシンをなんとかしたい方は、重くても遠くても、持参した方がいいです!半年やってない私が言うんだから間違いない…

あとは先生の印象が思っていた感じと違かったですw
ブログを読んでいたので、すっごいテンション高い感じなのかな?とか、個性がすっごい(?)のかな?
と、あれこれ想像していたんですけど、実際お会いしたら、すごく真面目な感じが伝わってきて、4人で、たくさんおしゃべりできて本当に楽しかった!
色んな生き方があるよなー、私もなにかやりたいなー。と思いました。

香港での出会いって、どうしても娘を通じてのママ友が多くなりがちなので、こういう単発のレッスンで、今まで出会ったことのないような、しかも娘と関係のない人とガッツリ話せたのが、新鮮でした。
またあの4人でランチでもしたいなーと、半年経ってふと思っています^^
お時間があったらぜひ!

トートバッグ作りやってみたいという方はまずは先生のブログをどうぞ。
ホングコングで心臓毛むくじゃらネクタイ作家

ランキングに参加中。
クリックしていただけると励みになります!
よろしくお願いします ^^
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク