こんにちは。
香港在住、専業主婦のMARUです。

香港といえばグルメ!
遊びに来たら食べて欲しいものがたっくさんあるのですが、中でも海老ワンタン麺は必須(^^)

私が香港に来たばかりの頃、近所のお店で海老ワンタン麺を食べて好きになり、どこがおいしいんだろう。と、探して行き着いたのが今回紹介するお店です。
といっても、もうすでにとっても有名で、王道ですが、ぜひ行ってみて欲しいワンタン麺屋さんなのです!

では早速ご紹介~

沾仔記(ティム チャイ キー) 中環(Central)

あぁあそこね。と思った方もいらっしゃるかと思います。
2009年から2018年まで、連続でミシュランガイドに載っているお店なので、とても有名。
香港のローカル麺屋さんには珍しく、欧米人の方もたくさん来店しています。

私は色んなローカルレストランに行っていますが、欧米人の方達には、なかなか遭遇しません。
食文化がそもそも違うというのもありますけど、漢字のみのお店も多いし、店内が狭いので、欧米人にはハードルが高いのかな?もしくは興味ない人が多いとか。
でもこの沾仔記(ティム チャイ キー)には多いので、万人うけするのかも???


それでは肝心の海老ワンタンメンはこんな感じです。

あーおいしそう。
この海老ワンタンがぷりぷりでジューシーでおいしいんですよね。
透き通ったスープも一口飲んだらうまみが染み渡るおいしさ。
そして好き嫌いがあるかもしれないゴムのような食感の麺w
私は大好きなので気になりませんが、あんまり好きじゃないという方は麺の種類も選べます。

メニューを見ると、一番下にYellow Noodle / Flat White Noodle / Vermicelliと書いてあるので、あのゴムのような麺(Yellow Noodle)が苦手でしたら、他の2種類を選んでみるのもいいかもしれません。

実際に頼んだことがないので何とも言えませんが、Flat White Noodleは、たぶんお米でできたきしめんのような麺だと思います。これが一番主張がなくて、食べやすい麺のような気がします。
お店によって使っている麺が違うので、間違っていたらごめんなさい!

日本人には嬉しい日本語メニューが置いてあるので安心(^^)
怪しい日本語ではなく、ちゃんとしてます。
ゆで野菜は、菜の花のような野菜にオイスターソースがかかってでてきます。
でも菜の花ほどクセはなく、食べやすいので、旅行中の野菜不足解消におススメです!

私がこのお店をおススメする理由

香港には海老ワンタン麺を出すお店がたくさんありますが、どうしてここをおすすめするのか、理由はいくつかあります。

・おいしい
そりゃあおいしくなかったら紹介なんてしません。
冒頭にも書いた通り、海老ワンタンもおいしいし、スープも麺も最高。

・行きやすい立地
場所がセントラルなので、観光ついでにちょっと寄っていくっていうのもできると思います。全長800mあるエスカレーターの始まり辺りに沾仔記(ティム チャイ キー) があるので、上に行く前に一杯!というのがちょうどいい感じ。

・入りやすいお店
香港のローカル麺屋さんって、慣れないとなかなか入りづらい雰囲気じゃないですか?入ってしまえば気さくなおばちゃんだったり、優しいおじちゃんだったりするのですが、怖気づいてしまう気持ちわかります!
でもここはミシュラン獲得麺屋さんだけあって、外国人(私もだけど)のお客さんが多いので、とても入りやすいです。
キレイだし、日本語・英語メニューもあるので安心^^

沾仔記(ティム チャイ キー) の場所は?

Open Riceによると、中環駅(セントラル) D2出口から、徒歩7分。

営業時間は 9:00-22:00

Open Riceの情報はこちらからどうぞ! → ☆☆☆

最後に

私が香港に来てから9年以上になりますが、変わらずある海老ワンタン麺屋さん。
香港では、みんなから愛されている老舗だとしても家賃高騰によって、急に閉店ということが少なくありません。 中環という立地にも関わらず、そこにあり続けてくれて感謝の気持ちがわいてきます(^^)
値上げも存続のためなら全然かまわない!と思わせてくれるお店です。

みなさんがあの海老ワンタン麺を味わってくれることを願っています!

では!



ランキングに参加中。
クリックしていただけると励みになります!
よろしくお願いします ^^
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク